ダンボールでおもちゃを作ってあそぼう >> ダンボールで大作に挑戦 >> ダンボールでボール転がし

ダンボールでボール転がし

ダンボールを自分でリサイクルする方法として、収納かおもちゃを作る人が一番多いかもしれません。

ダンボールはお子様にとっては、絶好の遊び道具です。

切っても破いてもいたずら書きをしても、お母さんに怒られることはありません。

ダンボール箱に入ったり、じゃれたり、ひっくり返して机の代わりにしたり、楽しい事満載です。

お子様が一人でダンボールと遊んでいる時にはあまり高度なおもちゃは作れませんが、お母さんやお父さんと一緒ならちょっと工夫して色々なおもちゃを作ることが出来ます。

ボール転がしをご存知ですか。

木などで作られているを見ることが多いかもしれませんが、ボールが坂を下っていくものです。

さすがにボールをダンボールで作ると、転がりにくいかもしれませんので、ボールはいつも遊んでいるボールなどを使うことにしましょう。

そのボールの大きさに合わせてボール転がしの道を作るとよいでしょう。

段違いの坂のようにダンボールを組み合わせて道を何本か作ります。

それをダンボールに貼っていくだけで終わりです。

簡単ですね。

好きな布やシールなどを貼るとお子様もとても喜ぶと思います。

少し大きめに作れば、みんなで遊ぶことも出来ます。

飽きたら、また違うおもちゃに作り替えたり、周りに貼ってある布やシールを変えたり、いくつものパターンで使うことが出来るのが、ダンボールおもちゃの良いところでもあります。

ダンボールのボール転がしをお子様と一緒にぜひ作ってみてください。

ダンボールでおもちゃを作ってあそぼうへようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。